エリアマーケティング(GIS)の記事一覧

エリアマーケティング(GIS)

GIS(地図情報システム)によるエリアマーケティング

お店のチラシを配るエリアは今のままでいいの?

GISイラスト1

地域人口・世帯、来店範囲、競合の立地関係を地図上で視覚化し、
より効率の良いチラシ配布エリアをリサーチすることが可能です。
商圏エリアの予測分析、店舗リニューアルやセールの効果測定、
競合出店時の影響などを探り、問題点の発見・解決にお役立ていただけます。

gis_2

エリアマーケティングとは

エリアマーケティングとは、地域特有の価値観・生活習慣などを加味し、利益に結びつく顧客を見いだしていく方法

  • 「需要の飽和」「景気の影響」に加えて、「生活状況の多様化」「家族構成の変化」等が要因となり現状維持の商品販売や価格競争では顧客は反応しなくなってきています。
  • 顧客が何を望んでおられるのかを明確にし、この内容を反映した販売計画や営業活動が必要となってきます。
  • 手がかりを探す切り口の一つとしまして、地域毎の顧客の状況を把握するエリアマーケティングが存在しております

    売れる!仕組み作りのお手伝い

GIS(地図情報システム)とは

GIS(Geographic Information System)は、地理的位置を手がかりに、位置に関する情報を持ったデータ(空間データ)を総合的に管理・加工し、視覚的に表示する、高度な分析や迅速な判断を可能にする技術です。

gis_gizi

~ デジタル地図の画面上に様々な情報を重ねて分析を行う技術で、この技術をエリアマーケティングに活用しております。~

エリアマーケティングの活用分野

gis_bunya

事例~クロス集計と特定条件の絞込み~

gis_cross

事例~地域別シェア率の分析~

gis_share

事例~レスポンス状況の分析~

gis_response

事例~店舗別の来客状況の分析~

gis_raiten

事例~競合出店時調査検証~

■競合の影響を地図上でとらえる

●顧客の住所と地図上のコードをGIS地図情報システムで紐付けて視覚化。
どの地域から、いつ、何人来店されているかなど実数ともにマップ上で確認できます。

●新店オープンの前後などで、地域(町丁目単位)ごとの利用人数・利用回数・利用金額の推移の把握ができ、競合店対策をサポートします。
gis_raiten2

事例~販促効果検証・チラシ配布エリア検証

gis_area

●地域データを、町丁目単位でマップに反映させ、店舗周辺の一般世帯数・年代層・競合店の位置を把握

●顧客属性データを投入し 顧客の分布と地域ごの顧客シェアを把握

●店舗来店者をマップに反映(顧客利用データ(POSデータ)と住所CDを紐づけ)
・ どの地域から、どの年代の方が来店されているか?
・ どういう顧客ランクの方が来店につながっているか?
(月々の店舗利用金額により顧客をランク分けし地図上にマッピング)

●来店者の分布を、チラシ配布日、通常時、週末と平日、時間帯別などで作成し比較

事例~その他~

1週間の顧客来店状況を地図に反映し、平日・休日前・休日の集客状況を把握

ターゲットを明確にしたチラシ配布範囲の検討材料となります

1日の時間帯(午前・昼・午後・夜・・・等)による来店者数を地図に反映

地域・距離による特性毎のアプローチ方法等の検討材料となります

新規にお店を開設される場合の商圏設定と人口などを地図に反映

開店前に顧客となりえそうな方の把握と予測にお役立ちいただけます

地域の特性(人口、家族構成、年齢構成、所得水準等)と売り上げを地図に反映

若年層が多いのか、核家族化が進んでいるのかが地域毎に把握できます

2009年04月07日 | コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: エリアマーケティング(GIS)